新人 あきもすの場合

投稿者:

ただいま絶賛就職活動中

あきもすです。

先週土曜日に離職し、ただいま就職活動中です。

昨日面接を受けたのですが、向こうが突き付けた条件にうっと言葉に詰まってしまい、また質問ありますかと言われた時に研修はどれくらいかかるんですか?と聞いて面接官から説明を受けた後、無言になったあきもすに「質問はそれだけですか?」と逆に面接官に言われてしまい、ためらいもなく「はい」と答えたあきもすに面接官はこれだけかよ・・・という顔を一瞬だけ目撃してしまったので、内心「やっちゃったな」と後悔したあきもすでした。

明日の夕方までに連絡がなければ不採用となるのでどうか採用の電話が来るのを祈るばかりです。

この2か月間就職離職を2度もしてしまったんですが、改めて新人はきついな、というのが骨身に染みわたりました。

10年間同じ会社、同じ部署で過ごしてたので今になって新しい仕事を覚える大変さというのがわかりました。

新人として自分が心がけているのは

・合わないと思ったらすぐに辞める

・大丈夫と思ったらできる限り早めに仕事を覚える

・難しいと感じた仕事は1回で覚えられないので数回聞く

・先輩の邪魔はしない

・新人のうちはわがままは言わない

上記の5点くらいでしょうか。

それでは順に説明していきます。

・合わないと思ったらすぐに辞める

初出勤の際は初めての場所、初対面の人など初めてづくしなので違和感はもちろんあります。その後何日間か出勤してみて仕事が合わない、人がどうしても合わないなどきに入らない部分が出てくると思います。問題はその後です。

どうしても払拭できない、日を追えば追うほど不満が増幅してくるようでしたら早めに見切りをつけるべきです。

本当は1週間くらいで判断した方がいいですが、2、3週間でもまだ大丈夫だと思います。それくらいの時期は試用期間なので会社も辞めやすいからです。

・大丈夫と思ったらできる限り早めに仕事を覚える

何週間か過ぎて自分自身と会社の業務、人間関係にミスマッチがないなら今度はできる限り仕事を早めに覚えるよう努力した方がいいです。

大体ゆっくりでいいよなんて言われますが、その言葉を鵜呑みにしていたら何かあった時最終的に新人だからと馬鹿にされますのでできる限り早めに仕事を覚えましょう。

・難しいと感じた仕事は1回で覚えられないので数回聞く

仕事をしていくうちにどうしても覚えられない仕事も出てきます。そういう時はためわらず何回でも聞いた方がいいです。

またかよ・・・とはなるんですが、そうやって何回も聞いたら後々自分のためにもなるし、自分はこういう傾向の仕事が苦手なんだなと気づいて対策を練るなど自分で工夫したりしますから苦手なのはどんどん聞いた方がいいですよ。

・先輩の邪魔はしない

これも鉄則なんですが、注意が必要です。場合によって先輩の行動待ちで自分から積極的にいかないというレッテルを貼られる場合もあるからです。

難しいんですが、その状況を見て待つか先輩に聞いてどういう行動を取るかというのも考えないといけません。

・新人のうちはわがままは言わない

周りは自分から見たらどんな人でもベテランなんで私あきもすはひたすら無に徹してました(笑)

でも人それぞれ事情はあるので多少のわがままというか主張は言った方がいいでしょう。

新人のあきもすが心掛けるようにしてる事を主に5項目並べてみました。

先輩から見たら仕事を教えやすい人、教えにくい人などいるのでできる限り仕事を教えやすい人になった方が得だな、とは思います。

それではこの辺で。

以上あきもすでした。

返信を残す