あきもすの転職歴とごく簡単な退職理由

投稿者:

こんにちは、あきもすです。

さて本題ですが、転職の多い自分は一体どれだけ仕事を辞めていったんだろう?どういった理由で辞めたんだろう?と考える事があります。

そこで20代30代の自分を振り返ってみて時系列で辿ってみようと思います。

あくまで自分の話なんですが、もしも共感してくれる方がいらっしゃればぜひ今後読者になってほしいです(笑)

高校卒業~20代前半

自分は高校の頃から例外を除いてほぼガソリンスタンドで働いていたので高校卒業後の進路先は自動的にガソリンスタンドとなりました。

もちろん大学進学への勉強や就職活動は皆無です。

新卒カードを捨て去りもったいない事をしたなと思いますが、高校時代から仕事(バイト)を辞める味を知ってしまったから長い目で見ても多分辞めてただろうなと思います(笑)

ガソリンスタンド以外の仕事をしたいというのが当時20代前半の自分の本音だったんですが就職決まったと言ってスタンドを辞め、人生初の派遣社員として入った倉庫業で毎日朝から真夜中まで仕事するという経験を経て身の危険を感じまたこのころ立て続けに人が辞めていったので自分も来週辞めますと言って辞めました。

結局別のガソリンスタンドに入社という形になります。

20代後半~30歳まで

この時期はとてもアグレッシブというかいろんな挑戦をしたな、と感じる時期でもあります。

また人間関係がきつくて短期離職をしたり2chの転職掲示板に入り浸りし始めるもこの時期です。

まず6年働いたガソリンスタンドを本土に行きたいと言って辞めて派遣会社に入り2か所の工場に従事。

1か所目辞めたのは年下にパワハラされたのが原因です。

このころ特に転職掲示板を見て必死に退職の仕方を探していたのが思い出に残っております。

ある意味現在の自分のルーツですね(笑)

派遣の営業に怒られましたが、2か所目の工場に行く事で話が付きました。

2か所目の工場は実家が恋しくなったので退職をしました。(自分的には契約期間満了)

その後友達が職業訓練校に通っていたので自分も入りたいと思い1年間職業訓練校の建築設備を勉強しました。

もちろんその間訓練手当は貰っております。

卒業後、訓練校の紹介でガス設備の仕事に従事しますが、ものすごくキレる先輩に出会い2週間で逃亡しました。

すぐにルート配送の仕事にありつけ8か月間働いて今度は防災会社に入り、1年3か月従事します。

以上が20代から30歳になるまでの私の経歴ですが、その間すべてアルバイトもしくは派遣社員です。

ガソリンスタンド時代も正社員と言われると違うと思います。

時給だし雇用契約書もなかったですから。

31歳にはルート配送が恋しくなって出戻り、正社員として10年間お世話になるのでひとまず転職生活にピリオドは打ちます。

但し、在職中に数々の会社に面接しに行きました。

この話は機会がありましたらブログに書きますので今後ともよろしくお願いします。

退職理由をこうして振り返ってみて大体人間関係か仕事内容で辞めたのもあればこれをしてみたいと思って転職する積極的志向もあったのであながちマイナス面ばかりではないかな?とも思います。

ただ日本はまだまだ転職はマイナスという文化がかなり根強いので趣味は求人誌で仕事探しという自分みたいな人が生きやすい社会になってほしいですね(笑)

以上あきもすでした。

返信を残す