一人暮らし始めました

投稿者:
brown canoe in the body of water near mountain
Photo by Tobi on Pexels.com

かなりのご無沙汰です。

あきもすです。

ここ最近バタバタしておりまして(前からか)ブログを書くのをなまけてましたが(なまけてたんかい)自分の人生で初体験な出来事が起きましたので今回書かせて頂きます。

私あきもす・・・

一人暮らしを開始しました。

実は以前から一人暮らしは頭の片隅にあったのですが、お給料が安いのと(今までの職場ですね)母親一人で高齢というのもあって躊躇しておりました。

一人暮らし自体は経験あるのですが、出稼ぎ期間のみで派遣会社が用意した寮に住んでたので本格的にアパートを探して一人暮らしを開始するのは初めてとなります。

きっかけは現職のお給料が毎月20万以上もらっていることです。ここ半年間働いてみて20万円を下回ることがないのがまず第1段階でした。

次に結婚です。もう40過ぎなのですが彼女らしき人から一人暮らしを始めてほしいと要望がありました。

ただ現在この方とは音信普通です(泣)

第3は母親です。自分が出勤する時間は朝5時過ぎですが母親は必ず起きてきて水筒の準備と最近では弁当も作ってくれてました。

自分は何度も断ったのですが母親がどうしても子供のためにと頑張ってくれるんです。

高齢だから何かあったらいけないという事で同居してるはずが実際は老体に鞭打って・・・という状況で母親に負担をかけてしまってたんですね。

昔から男だからという理由だと思いますが家事全般を手伝ったことはありませんでした。しかし40過ぎて家事を覚えていくというのはなかなか厳しいことです。まず体に染みついてませんからね。

だから今更ながら後悔しております。もし自分に子供ができて男の子だったら積極的に家事に参加させようと考えております。本当に母親には感謝しております。

第4はおみくじに転居・・・早いが良いと書かれていたことです。これが決定打かもしれません(笑)

アパート探しはまず彼女らしき人の意見を聞き2LDKの部屋を探していました。場所も私あきもすの実家と彼女らしき人の実家が遠いのでその中間位置に絞りました。

ネットで検索していいなと思った物件に内覧予約をするともう契約済と言われて他の物件を紹介されるというのが何件かありました。

単に削除してないかあるいはいい物件ありますよと契約済の物件を載せて連絡が入ってきたら別の・・・という手口はまあまああるらしいです。

アパートを内覧していってだんだんと気になっていったのが敷金礼金を初めとする契約金の高さと洗濯機や電子レンジといった家電を買い揃えないといけない経済的負担でした。

そこで浮上したのがレオパレスのような家電がすでに揃えられている物件です。

ただ初めは敬遠していました。なぜなら2LDKの物件でレオパレスはなかったからです。

ただ1度見てみたかったのでロフト付きの物件を内覧させてもらいました。確かに部屋は小さいですが正直一人暮らしをする分には全然不憫ではなかったです。

あとロフトもあるのでもし同棲するということになっても仕切りカーテンなどを設ければ問題はないと考えました。

壁が薄いとネット上で書かれており、彼女らしき人からも指摘があったのでその件も内覧の際に担当者に質問したんですが、この地域では台風が多いので壁はコンクリート製になっており、そうでないと建築基準法にもひっかかるのでそういった心配は無いとお答え頂きました。

初回の契約金も貯めてたお金があったのでいろいろと熟慮した結果、実家から引っ越しすることになりました。

引っ越しは比較的実家から遠くないのもありますが、所詮男一人なので自家用車4回往復で済みました。

家族から引っ越し祝いとして2万円もらいまして(泣)大切に使おうと思ったんですが、洗濯干し用品やら何やら買いまくってあっという間に無くなりました(泣)

ついに子供部屋おじさんから卒業したんですが、彼女らしき人から連絡が途絶えたので心境は複雑です。

今後は親に頼ることは少なくなるだろうと思います。それだけでも40過ぎて成長できたかなと思います。

それではこの辺で。

以上、あきもすでした。

1件のコメント

返信を残す