辞意を伝えましたが・・・

投稿者:

暑い日が続きますね。

あきもすです。

コールセンターのクレーマー、また自分のアップアップな電話対応に嫌気がさし、退職を決意したあきもすですが先日派遣会社の営業に辞意を伝えました。

結果はいけませんの一言。

なぜ辞意を伝えたのに了承しないのか?そして今後どうしていこうか?という私の考えを綴りたいと思います。

電話で辞意を伝えようとした時どう言おうか?とかなり考えました。しかしさすがに3ヶ月連続ということで慣れてしまったのでしょう。シナリオも書かず、緊張しながらも以前より深く考えず、電話しました。

「すいません、精神的にきついんで辞めたいです。」

「え、何で?まだ一人で電話対応してないでしょ?」

「はい、しかしどうもやっていくうちに自分に合わないような気がして・・・」

「合わないとかいうけどあきもすさんは1年以上の契約で入ってるんだからそんな自分勝手に辞めるとかいうのは身勝手じゃないかな。そういう話は入る前に大丈夫かどうか確認したはずだよ。先方にはそう伝えてるんだから。きついとかそういう相談は上席に報告した?」

「いえ、してません・・・」

「してないのなら今後時間帯を相談するとか電話対応に不安あるなら助けてもらうとかしっかり話し合いをしていけば大丈夫だから。経験積んでいけばクレームをサラッと流すとかそういう対応もできてくるしどうってことなくなるから頑張って。わかった?」

「はい・・・」

「はい、それでは失礼しました。」ガチャン

まったく取り合ってもらえず、完敗。ショックでした。

あきもすと同じ派遣会社の人は入って2週間で辞めましたがどうやって辞めたんだろうと逆に羨ましくもありました。

というわけではいはい、という感じで流されましたが辞意は間違いなく伝えたので今後どういう行動をとろうかもうあきもすに非はありません。なんちゃって(笑)

ただ同期の中でも同じように疲弊している人がいて午前中の研修で講師に「今が1番きつい時期だから」となだめられていましたが「同じような人もいるんだな」と思いました。ただあきもすの気持ち的にはもう次の仕事何しようかなということでいっぱいです。

ただ次の仕事は何やりたいというのはおぼろげですがあります。しかしもしそれに入ると現在朝早くやっている仕分けのバイトは必須になってきます。なぜならあまりお給料がよくないからです。

あきもすのやりたい仕事は正直楽そうだな、と思う分給料が低く、どんなに収入と支出のシミュレーションを何度もしても食っていけないという結論に達します。借金も多いし何かしら支払いも多いので望んでいる仕事したくてもできないんですね。

トリプルワークをしたらトントンになるという感じです。溜息が出ますね。

わがままをいわなければ今の仕事を続けた方がいいとは思いますがやはりメンタル的にきつく、どうも受け流せそうにないタイプだと思うんで長い目でみても続かないだろうなと思います。正直電話で話すの嫌いですし(笑)

ということで今後を見据えてもいばらの道があきもすを待っておりますが、私はこの転職ブログの主なので必ずやいい結果を生み出したいと思います。

というわけで今回はこの辺で。

以上あきもすでした。

返信を残す