正直ちょっとキツイです

投稿者:

コロナは増え続けてますね。

あきもすです。

前回ダブルワークを始めた旨をブログに投稿しましたが、今回は本業のコールセンターでの現在、またバイトを始めて2週間を過ぎての感想をお伝えします。

現在コールセンターでの立ち位置はアカデミーと呼ばれる研修期間を終えてるという状況です。実際はもう少し研修が必要でして午前中は研修、午後は実際のコールとなっております。研修はアカデミーの時に習った内容の復習といった感じでこういう場合、どういう風にいうかという感じで実践的な形でロープレを行います。

ロープレも嫌と言えば嫌なんですが最初期に比べればかなりましにはなってきており、少なくとも最初の受付に関しては実際のお客様相手にコールをやっていることもあってスラスラ言えるようになってきました。

ただ本題に入るとあきもす特有のあ、あ、え、え、が目立ってしまい、自己嫌悪になってしまします。ただ午前中は研修なので午後に比べれば気持ち的には楽ではあります。

昼食が終わって実際のコールが始まります。メンターと呼ばれる指導者格の方が着いてはくれますが、アカデミー期間でしたら新人一人につきメンター一人着いてたんですが、アカデミー期間が終わってから新人二人につきメンター一人という形になり、そのため何か困りごとが発生するとメンターがもう一人の新人に取り掛かってるとこっちはどうしようどうしようとあたふたしている状態になります。

チャットを移動して他のメンターかチームリーダー、インストラクターに助けを求めることはできるんですが先週に関していえば一切チャット移動というのはしておらず、ひたすら自分担当のメンター待ちか少しですが自分で話を進めて切り上げてしまう場合もありました。

そのためコールが終わったら対応に関していろいろ考えてしまうことが多くなってきてます。メンターやフィードバック担当の方からコール対応は絶賛に近いお褒めの言葉をもらうのですが、知識がないためにお客様対応でかなり時間を取っており、ここ最近コールで普通に1時間近く擁しています。本当に申し訳ございません。

メンターも毎日違う人でして、親切にしてくれる人がいればひたすらほったらかしにする人いたりと散々ですが問題に対応できない場合二次受付にエスカレーションするのですがその二次受付でしっかりお客様の要望を受け取らず中途半端に送ってしまったら二次受付の方に詰められてしまいさらにお客様を待たす保留時間が長くなるという悪循環が生まれます。

自己嫌悪には陥りますがお客様の問題を解決できた時はベタですがお客様のありがとうが心に響きますね。実際に慣れていったら遣り甲斐はあるだろうなと感じます。スキルも身につきますし。ただあきもすは話が一方的に早かったり難しい案件だったりすると脳がシャットダウンして聞いてるふりをする癖があるのでできる限りこの症状を克服しなければなりません。

ただ正直言って辞めたいという気持ちもないではないです(泣)19人いた同期は10人になり、業務もメンターが言ってたんですが難しい業務に間違いないとおっしゃってたので気持ち自体は萎えてます。

コールセンターで心が病むというのも実際やってみてわかるような気がします。ただ一方で自分に向けてのクレームじゃないので別に気にならない、という意見もあります。あきもすは営業時代に自分の失敗で何度も先方を怒らせたり他の人を巻き込んで夜中まで対応した経験があるのでそれに比べれば・・・という考えもあります。

また前職の消防設備業はいつ怒られるかわからない、見慣れない現場に行って何しでかすかわからない、というプレッシャーがあったのでそれに比べれば今のコールセンターはそんなことないのでまだ安心です。

ただやはり午後のコールは嫌だな、という気持ちはあります。研修が完全に終われば朝から晩までになりますから慣れないといけないのですが。

朝のバイトはそんな中にあって気持ち的に楽ですね。朝早いのはきついんですが業務は単純なのでひたすら体を動かすという感じです。

実はコールセンターがこけたらこの朝のバイトを軸にして違う仕事も視野に入れております。だからある意味違う思いとしてはコールセンターでクビにならないかなと願っております(笑)自分からはさすがに辞めれないので。

もし職を探していてなかなか職に就けない方いましたら短時間の仕分け作業は本当におすすめします。人間関係や環境にもよりますがうまくいけば収入面の不安は若干ですが払拭されるし社会との繋がりもできるのでぜひご検討されてみてください。

それではこの辺で。

以上あきもすでした。

返信を残す