ロールプレイング

投稿者:

もう休みが終わりますね。

あきもすです。

二連休だったのですが久しぶりの友達と飲みに行ったりあてもなくドライブ行ったりと仕事で必要な自主練習を全く行う事無く時が過ぎ、気が付けばもう明日は仕事という時間がやってまいりました。

先週からロープレを頻繁に行うということ、またもしかしたら実戦的なロープレを行うと講師が言っていたのでロープレ嫌いのあきもすにとっては戦々恐々とした日々になるかもしれません。

さっきも思っていたのですが、自動的に必要な知識は何の苦労もなく頭に入り、さらに新人に必ずぶち当たる壁もスルーして自分のペースで仕事できたらいいなという夢のような話ですが時折考えております。

10年働いた所は身体的にきつかったのですが仕事の段取りはわかっていたのでここを乗り越えれば何とかなる、という道筋は立てやすかったです。

早く現職もそういう風になれればいいなと思う今日この頃です。

ただ新人の頃というのは何年もやっていったらあー、ああいう時代もあったよね、と回顧する時があるかもしれません。

先週講師が「皆さんはこの仕事をやっていくうちに嫌でも仕事を覚えていきます。知識もどんなことがあっても増えていきます。でもコールセンターにかけてくるお客様はそういう知識を皆さんほど持ち合わせていません。知識の差に隔たりがあるからこそ決してお客様を見下さず、必ず今のような純粋な気持ちを忘れずにお客様と接してください。」と言われました。

自分に置き換えると、あきもすの事だから大体失敗しながら仕事を覚えていくかもしれない、経験を踏んでいきながら知識も技量も上がっていく、しかし電話の向こう側のお客様は初めてのことでわからない状態かもしれない、だからこそ新人の今自分が陥っているわからない、どうしようという気持ちはお客様は絶えずもっているからこそ共感できる新人の今の気持ちは忘れるな、と何か救われるというか胸に残る言葉を頂きましたね。

ロープレも嫌だったな~、と懐かしがる日が来るかもしれませんね。

ロープレにはフィードバックという相手のミスしたところを指摘する作業もあります。あきもすはフィードバックが苦手で相手のロープレが終わると「いいよ、いいよ」とか「ばっちり」と手短めに終わらせます。

最近は徐々に指摘したりしますが、相手が「いやあれは・・・」と反論してきたら「あ、自分もそう思ってた」とすぐ同意します(笑)

自分の場合はとにかく焦ってる感じが伝わって安心できないと指摘されます。「あ、あ、」と言葉に詰まってしまう場面や台詞を忘れてしまうのがよくあるので本当に嫌になります。

でももうコールセンターを選んでしまった以上はそれは宿命ですし、それは嫌だとしても乗り越えないといけないな、と思っております。

あと、あきもすはダブルワークを予定しております。あまりにも体を動かさないので思い切って朝、体を動かすバイトに申し込みしました。

バイト応募の電話での受け答えで即採用と言われました(笑)この辺はまたブログでお話していきたいと思います。

それではこの辺で。

以上、あきもすでした。

返信を残す