ただいま研修期間です。

投稿者:

タッチタイピングは難しいですね。

あきもすです。

2週間前からコールセンターの研修期間に入っており、ただいま勉強期間中です。

先週は会社の概要、コールの基本的な流れ(主に受付)受付のロールプレイングといったところですね。今でもそうですが、ロールプレイング、略してロープレが苦手であきもすのような初心者の方だと一緒にやって「あー、この辺課題だね」とか「この辺がんばろうね」とかお互い励ましあいながらできるのですが、同期に経験者が多く、いざ経験者と当たると「何やってんの?」と言わんばかりの沈黙やセリフを忘れて焦ってしまうと「何してるんですか?」と言われてしまってさらに焦りが倍増して何も言えなくなり、という悪循環に陥ります。あくまで一部の人ですが。

そういうわけでロープレは本当に苦手ですが、最近は受付のみでしたら自主練習(独り言でブツブツ言う)の甲斐あってちょこちょこつっかえながらも言えるようにはなってきました。本当に自主練習しないとやばいのです。

あきもすは受電対応のコールセンターなのですが電話対応だけじゃなくてお客様のデータや問い合わせ内容をパソコンに打ち込まなければならないのでタイピングも早さを求められます。そのためこれも自主練習が必要なので寿司打ちや有料の特打ちダウンロードして練習してます。まだブラインドタッチには程遠いですね。

2週目は扱う商品のメーカーの会社概念というか思想みたいなもの、あとは自分がどのタイプかという自己分析みたいなものをやりました。あきもすは目立たないように生きる実直タイプだったんですがそのタイプは同期の中であきもす一人で講師が同じタイプだったんで苦笑いしてました。多分嫌だったんだろうな、と思います(笑)

同期は初めは16人ほどで二日目に3人加わって19人になりました。男女比でいえば男が圧倒的に多いです。女性が多いのを期待してましたが(泣)

初心者より経験者の比率が高く、その中に同じ社内の別部署からスライドしてきた方もいます。研修初日は全員よそよそしかったのですが、二日目か三日目から人間関係に動きがあり、四日目にはすでにグループらしきのが出来上がってました。

なかなかのコミュ障であるあきもすは見事にこの関係構築からあぶれてしまい、孤立まではないんですが周りがワーワーしゃべっている中ポツンとパソコンに向かってキーボードを叩いているという場面が多くなりました。ロープレになると結構明るい女の子にちょっと嫌がられたりしてました。(笑)

コールセンターでは20代の上司に当たるから年上の人はそれを嫌がって辞めると派遣会社の担当に言われましたが、実際に社内に入ると確かに若い人が多くいるように感じました。

その中に自分と同じ太めの方や結構な年配の方がちらほらいたのでちょっとした驚きと安堵は感じましたね。本当に同じ境遇の人を見ると安心します。

講師は20代後半の方で優しい感じではありますが授業が早く、若干ついていくのに精いっぱいみたいな所はあります。あきもすがネットでサイトに入れないとなった時に数回助けを求めたんですが最初は柔らかいんですが、二回目以降は「何すか?」と口調が変わったのでちょっときつかったですね。

そんなこんなで人間関係であぶれながらも研修を受けていますが同期で姿が見えなくなった人もいます。授業中ずっとわからない、どこやってるんですか?と講師を呼びまくってたのですがその翌日にいなくなってました。多分辞めたのでしょう。

こういう退職する人を見ると辞めたくなるのがあきもすの性分なんですが、今回はさすがにそういう気持ちになれません。前職が辛かったのでここを辞めると前職に戻される、という架空の設定で踏みとどまっております。

実際コールセンターはパソコンとそれに付随する電話で仕事ができるので前職のように工具やら資材やら扱わなくていいという利点があります。またお客様の所に足を運んで気を使いながらいつ怒るかわからない上司の下で肉体的にも精神的にもすり減らしながら作業するというのがないので気持ち的にも楽です。

仕事の流れも受付と商品知識、パソコン作業さえマスターすればあまり負担のかからないものです。確かにクレーム客は絶対いますが相手の顔も見えないし自分のせいでもないんでちゃんとした対応さえすれば何とかなるかと思います。

そういうわけでとりあえずこの仕事を頑張っていこうと思っています。しかし実際の仕事になるともしかしたら・・・

えっ、嘘でしょ!?

本当に!??

可能性は否定しません(笑)

それではこの辺で

以上あきもすでした。

返信を残す